腎臓病は食事療法から~健康体のマスト臓器!強力ガード法~

elderly

腎臓にやさしい食生活とは

elderly

腎臓は食事という形で摂り入れた、たんぱく質を身体の中で代謝してできる老廃物 や余った水分あるいは塩を尿へ排泄しているた め、たんぱく質だけではなく 食塩をとりすぎると、腎臓に行き過ぎた負荷をかけて腎臓病になります。そのため医師の指示のもと食事が大切になります。

詳しく読む

腎臓を病気から守る食生活

腎臓病に最適な食事療法をすることはとても重要です。宅配食を使ってバランスのとれた食事を取ることができますよ。

早期発見が予防につながる

elderly

人間の身体にとって重要な役割を果たす臓器の1つが腎臓です。腎臓の役目は血液を濾過して不純物を尿として排泄することですが、血圧を調整したり赤血球をつくるホルモンを分泌する働きもします。腎臓病になるとこれらの働きが機能不全になりますので、身体に様々な影響がでます。そうならないためには早期発見が大事で、尿の色を見て判断することになります。体調によって色は変わりますが、血尿が出た時は要注意です。これは腎臓の濾過機能に障害が起こり、赤血球が尿と一緒に排泄されるからです。また腎臓にしこりや痛みがある時も、早めに医師の診察を受ける必要があります。腎臓病は高血圧とも密接な関係があるので、血圧が高めの人はいつも計測して数値の変化を確認することも必要です。

食生活で防げる腎臓の病気

腎臓病を予防するには普段の食生活が大事です。食生活によって予防することもできますし、腎臓病になってしまった人も、食事療法によって病の進行を抑えることができます。食生活にはいくつかの注意点があります。まず、タンパク質を取りすぎないことです。タンパク質を取りすぎると排泄されない成分が増えて腎臓に負担をかけてしまいます。次に、エネルギーを充分に取ることです。エネルギーが不足するとタンパク質を分解できなくなり、排泄されない成分が増えます。そして食塩をなるべく控えることです。高血圧に悪影響を与えるので、腎臓の負担が増えます。このような基本を守れば腎臓病予防になりますし、病気になった人には効果的な食事療法になります。入院した時にもこのような食事療法が行われます。軽症で自宅療養する場合も、このような食事療法を自ら取り入れることで腎臓病を治すことができます。

糖尿病の食事サービス

doctor

糖尿病を治療していくには、普段の食事内容にも気を付けなければいけません。しかし、低カロリーで栄養のバランスを考えた食事を毎回作っていくのも大きな負担を感じてしまいます。その負担を解消してくれるのが糖尿病食の宅配サービスで、これを利用すれば無理なく健康生活を送っていくことができます。

詳しく読む

外食

doctor

糖尿病の方は外での食事をなるべく控えるようにしましょう。食べ過ぎをしてしまう可能性が高くなる事と濃い味付けの物を食べてしまう外食は糖尿病の方にとって良くない事が多くなります。控えて症状を改善するようにしましょう。

詳しく読む